• hitmania IIIDX
  • DAIDA

野球×音楽=新世界

hitmaniaIIIDX how to play


【hitmania IIIDX Series】

hitmania IIIDX 44 HANSIN BASS

hitmania IIIDX BC Routeinn

hitmania IIIDX 25 BASEON BALLERS

hitmania IIIDX #4 nomula

hitmania IIIDX #3 MENDUAL

hitmania IIIDX #2 DAIDA

hitmania IIIDX #1 tritani


【Music List】

1st Samurai

熊本テクノ
hitting masters MAEDA

え?ファールが理想の打球なの?まぁその辺は深く追求しないで下さい。

とりあえずライナーを多くそして美しい打球…美しく?あーまた自分では納得出来ない当たりか…そんな思いもありつつも安打量産。

果たしてどれだけの後輩が付いてきて来れるのか…できればその成長っぷりを見てみたいです。

もはや私は死んだという形容も通用しないっていうか充実していますね。まぁ一つサムライの様に一刀両断してください。えっ?

20,November(Dokaben Draft mix)

House
dj chikaleo

これが本当に本当、明訓高校の選手達の運命の日です。

甲子園を代表する国内最強の選手達の息吹や、生音を贅沢に使用しゴージャスでクレイジーなハウストラックに仕上げました。

2ball2strike

HIDOI ARISAMA
Osamu Hamanaka

dj chikaleoからの最初のリクエストは、「Osamu~、一発場外ホームランを頼むよ」だったのに。

しかし追い込まれた俺。

頭皮からほとばしる汗。

故障の悲鳴。

こんなはずじゃなかった。

5.4.3.

DOUBLE PLAY
dj chikaleo

今回、練習をしている上で、何かが足りない事に気がつきました。

それはBeginning of Gameに始まったアンビバレントシリーズで、chikaleoがいきなり制作をしました。

内野手と充分打ち合わせをした上で、すかっと明るく、相手の流れを断ち切る雰囲気で作りました。

5.4.3.の名前の由来は、けして深い意味はなく、そのまんまです。

ABE DE RABIT

ALTERNATIVE CATCHTER
Shinnosuke The Powerful Hitter

飛距離が出るカンジにしたかったので、ラビットフレーバーを球に入れてみました。

冷や汗をガンガンかきながら打ってみてください、きっと超キモチイイはずです。

そして、最終回の打席で、打った後にポーズを決め、バックネット裏にあなたの『長打力』をアピール!!

これからの季節、東京ドームあたりだとバレません。(笑)

ALL I NEED ONE OUT

HARDGAME
NUMAJA fw. M-LIONS

野球ファンの皆さんはじめまして、M-LIONSと書いてマゾライオンズです。

マゾライオンズと聞いて「俺達」って思った人はかなりのマニア(苦笑) 。

知らねえよ?」って方はこの機会に是非お見知りおきを。

今回、NUMAJAとの共作って事でM-LIONSの基本スタイルのピッチングでは無く炎上を紙一重で回避した感じです。

ALL MY BAT -この打席に、オレの全てを賭ける-

ONLY ONE MAKUHARI BAT
SUPER FANTASISTA 清-KIYOSHI-

待たせたな。SUPER FANTASISTA 清-KIYOSHIだ。

みんなは自分だけのオンリーワンバットを見つけることができたかな?

hitmaniaという安打製造機なタイトルと画面演出なので、キャッチャーがビビる雰囲気を出しつつも、いきなりクライマックスシリーズから始まるオンリーワン感をふんだんに盛り込んだアッパーなデスメタルに仕上げた。

他の追従は許さない・・・なぜなら、俺はこの打席に全てを賭けているから・・・じゃあな。 また会おうぜ。

オンリーワンバットを君に、幕張より愛をこめて。

AOI INAZUMA

TRANCE
dj TADASHI

元々はSHORIKIとNAGAのリクにより、スイッチヒッター系のつもりで作り始めた曲。

でも盗塁を重ねていくうちに、どうにもスピーディーな雰囲気になってきた。

こういうことは実はよくあることで、これはこれでいい感じかな?

Ball Machine

BAT BEAT
BALL BOY Jr.

全自動な感じが新鮮で、バッティングピッチャーしかいなかった頃とは違うテーストがあると思う。

別に意地悪のつもりじゃないけど、本当のボールボーイの人のみが出現させることができるようにさせてもらったよ。

これからもスケジュールさえ合えば、どんどん球場にアルバイトに行こうと思います。

BALL FOR YOU ~中止の雨~

BALL AD
PL feat. Kenta Maeda

試合前の練習後…数々の思いを抱き、どんよりと雲が立ち込める中を彷徨っている時間…

突然の試合中止が憎らしくみえ、登板できなかった悔し涙を誰知れず流している…

そんなセンシティブな気持ちをKentaに伝え、彼がソウルを込めて投げてくれた…直球と変化球…それだけで試合が成立したような気がします。

Beginning of game

AMBIENT
QUADOALA

最近、浴衣でバク転したら大うけしました。浴衣のすそがめくれ、丸いしっぽが見えちゃいました///

benchstart☆仮面~控え、でいさせて~

E-DANCE POP
上野弘文 feat. 星野伸之

Pitching☆ 遥かに頭上を超え 弾け飛ぶヒット ずっと ぎゅぅっと 打たれちゃったね

無茶してたよね あの日 なぐった 危ないア・イ・ツ

イケナイ指導を ダメね しちゃった どうかしてたの

今も思い出す ドカッ バキッ ドカッ ブン ブン ガッシャーン 狂ってた 鉄 拳 制 裁

Sparking☆ 地獄の季節超え 響け光る電光掲示板 ずっと 名前を 覚えていてね

二度と投げられないけど まだ好きでいさせて! 燃えるマウンド☆ 永遠に 熱く


<セリフ>

あれから10年・・・ 早いものね benchstart 仮面 どうしてる?

またいつか、どこかで 投げた~い!!!!!!


グッグッニギニギグッグ そっと球を握るの キュッキュッキュッ 靴紐 ほどいて

グッグッニギニギグッグ わしがそだてた キュッキュッキュッ かんちがい。

BOOM BOOM MARU NIGHT

EURO BEAT
Y&Ikeyama

昔っからヤクルトが好きな人は笑ってください。

ただそれだけのために、持てる時間と力を費やしてみました。

ちなみにバックネット裏で社員も参加してます。

Special thanks for ミルミル

Buffalo's

ROCK
god-ball feat. Hideo Nomo

相変わらずのローテンションぶりを発揮して、かなりキレた感じのフォークと直球を披露してくれました。

しかもレコーディング当日、ブルペンにてバファローベルの絵が入ったTシャツに着替える念の入れよう。

いや~、キてます。ついでに仕草も結構キてます。ベルたそ~~~っ!!

Catchter K.I.D.O.

MIXTURE
Katsuo Hirata

ちなみにタイトルの「K.I.D.O」は、1985年に日本一を経験した漢です。

とてもイカしたキャッチャーです。

Cheer Girl

BIG CHANCE
NHK Camera

笑顔がキュートなCheer Girl。

NHK Cameraさんのテクニックを見ると、さりげない映像の中にもエロティックなものを感じますね。

チアはキュートでも求める映像を撮るのは難しいかもしれません。でも翻るスカートの隙間から何か見えた気がします、たしか。

Daida Mind(1/2 hit mix)

MINIMAL
MaQ

hitmaniaのテクノといえばこの人、MaQ。ちなみに本作品同様にあの方とは一切関係ありません。

さて、このトラック、MINIMALというには少し派手ですが、代打の面白さを表現するためにこういう風に仕上げてもらいました。

ちなみに、曲の後半に出てくる連続ファールチップの音を、制作中我々は「ネバリ」と呼んでいました。

「ちょっとネバリが足りないなぁ」とか。

Daisuke

BALLBEAT
Y&Matsu

最初は選手もタイトルも全然違いました。それがなぜかダイスケに(笑)いろいろなパターンで何度も投げてもらいました。

「だいすけって名前の野球選手が結構多い気持ちで」とか、「甲子園の頃に戻った青春な気持ちで」とか、

よくわからない注文ばっかつけて正直スマン。

END OF THE CENTRAL LEAGUE

CHANCE SPEED
NO.99

みなさん、この曲で絶望的なセリーグ崩壊の序章をお過ごしください。

error(nostal mix)

DRUM'N BALL
MaQ

このトラックからは、なぜかいつも気が抜けるというか、周囲の怒りと圧倒的な脱力のようなものが感じられます。

やはり魂を注いで練習した選手だけが、見る人にそのような感情を与えずにすむのでしょう。

正直言って、筺体からでた音を聞いた瞬間は背筋が凍るかと思いました。

EURO ROMANCE

10's DREAM
GG-SATO

欧州野球という世界にどうアプローチして生き残るか、そのコツを掴むこととバランスの良い食事に苦労しました。

全て日本での経験のままではあまりにスタイルがかけ離れすぎると思い、どの程度まで、今の欧州に自分をブレンドさせるかが鍵となりました。

結果、きっちりと活躍できたと自負していますが、解雇されてしまいました。

Flinige

DAIDA TRANCE
f-kors k

ノンノン。野球は才能とセンス。

努力だけで成功した人っていない。

fly throw the stand

TRANCE
Mr.L

アウトカウントを間違えてしまったこともあり、Hisanoriには大変御迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず、 これが最高に素晴らしいネタで、またしても大ヒンシュクのMr.Lなのでありました。

GAMBALL

BIG BAT
STRIKE

開発者出演の野球ドラマをでっち上げて、それをミュージッククリップのネタにしてしまおうという企画が MiZSHiMAさんより第一回目の会議から打ち出されてはいたのですが、実際の製作は頓挫しました。

GIRIGIRI DEADBALL

R&B
Shoganai Tatsukawa

R&Bですが、ささやき戦術をフィーチャ-してみました。

だますぜアンパイヤ!的な歌にしたくってお願いした所、速攻ですばらしい戦術が上がってきました。(さすが!!)

ささやき戦術で、眼鏡っていうと某ID野球の人にスタイルが似てますが、ま、世代が違うということでひとつ。

HARANOIA MAX~DIRTY MIX~

GIANGLE
88

ハラグロイサウンドです。

HAMAKAZE

TECHNO
dj chikaleo

浜風吹きました。

HIGH SCHOOL BASEBALL

DREAM TRANCE
PINCH PONG

球児が自分の夢を実現させる為には何をすればいいのだろうと考え、いま自分ができない事や苦手なものをあらい出して、 それをできるだけ自分のペースでクリアーして前に進む事でなんとか甲子園に近づくことができるのではと思いました。

この曲では夢を追い掛ける球児のような気持ちでPLAY!そして明日に向かって打て!!です!

hit mania

バンク歌謡
AKIRA NAKAMURA

サブタイトル「田舎の野球場、二軍選手Z」。

この曲は、遠い本拠地を想い出し、切なく儚い二軍選手の気持ちを歌ったソングです。

HIT TO UNO HEAD

BAKUSHO
STRIKE

自分の中では珍プレーから気持ちが遠ざかっていたので、久しぶりにアホなテンションで制作しました。

打球を追っているだけであらゆる球が頭を直撃して、勝手に珍プレーにされる事がよくあります。

その感じを音で表現したら、後楽園という環境ではやはり珍プレーが似合っているなーと再認識しました。

現実に起こった事ですが、球場の喧騒から徐々に珍プレーのシーンがループして高速で笑いが増殖する様を、感じてください。

HONEY♂CATCH

HAPPY ZONE POP
小坂まこと

小坂まことの代名詞の1つであるKOSAKA ZONEの流れを組んだ、超キュートでポップな曲です。

ポジション取りがいい感じです。楽に投げられます。とにかくゲーム気分全開で楽しくプレイしてくれたらと思いますっ!

Horic

MAKUHARI TECHNO
MaQ

MaQの”マーテク”ことHoricは、MaQのテクノ会心作だ。

ところで、MaQって何て読むの?っていう質問がきてるけど、「マキュー」が正解。

Qは「キュー」と発音するんだよね。MaQは幼少時代に「巨人の星」に心酔して、そのころから気に入って使っている愛称なんだそうだ。

Horicも含めて、MaQの作品からどことなく漫画な雰囲気を感じた人も多いと思うけど、そんな背景があったわけです。

I am a OH (60'S BASEBALL STYLE)

BALLBEAT
god-ball Remixed by NAGASHIMA

制作当初は、クールな雰囲気が漂うゴッドボールさんの原曲を、違和感無く?逸脱したグワーッときてガッと打つREMIXに仕上げることは、 かなりハードと思っていたが、あれやこれやとウォーリーしている内にどんどん形になっていき、大胆なアレンジを行っていく中で、 どことなく60年代のジャイアンツテイストが感じられるエッセンスも入れたくなり、取り入れて完成させたバージョン。

Incourse Vision(full count hide around mix)

GOA TRANCE
MaQ

精神的に追い詰められた世界がどことなく漂う、MaQのゴアトランス。

プレイしていくうちにストライクゾーンがわからなくなるようないやらしい配球は、 「プロのバッターに人間の打ちづらいコースとやらを聞いて研究した賜物だ!」と豪語しておりました。

JOURNEY TO "FANTASISTA" (IIIDX LIMITED)

THE MAKUHARIGROOVE
C.L.M FANTASISTA

C.L.M FANTASISTA の、ひとつの終着点です。

大げさに言えば、"FANTASISTA" 名義でのテーマソング。

控えめに言っても、"FANTASISTA" 名義でのテーマソングでございます。

KNOCK OUT 仮面

E-DANCE POP
上野弘文 feat. 星野伸之

ア~ハ♪ア~ハ♪バンバン♪(ア~ハ♪ア~ハ♪バンバン♪)


※1

どこの誰だかも おぼえてないのよ mysterious! ふいに 現れて ピンチを さ・そ・う

ゆ~れる ハートは ど~にも クラクラ☆ 次々うたれて あッ はん はぁん

ひ~かる バットに ぜ~んぶ うたれて しぬっきゃない! トゥナイト!

Knock Out 仮面が やって来て (Make it! make it Lose!) 相手になめられ バカスカやられる

I want to out a out just one more out! どうにか抑えて falling farm

投げたら ほら おしまいね Get away! Knock Out 仮面!!!


(セリフ)

シンブン ヨンデクレタカナ? ネ イマ ナニシテルノ?

ノックアウトカメン 辞めたい…


※1 繰り返し

Let's run

MAJOR WAVE
Ichiro Suzuki

デモの段階では90年代オリックステイストの楽曲だったのですが、ミックスダウン時に沢山のバージョンが生まれてしまった為、出来上がったものから一番納得できるミックスを選びました。

lottel-da-sunday

LOTTELDAM CHOKO
jumping masters CHIBA

こんにちは僕「ロッテの日曜日」です。すいません。最近あまりロッテのチョコを買ってません。球場にも行ってません。

昔ある小さな駄菓子屋で食べたチョコ。突然みんな球場で飛びはねる飛び跳ねる体当たりしまくり…

ここでより一層ロッテへの親交が深まりました。でももっともっとジャンプしなければ。

Macho Giants

Triaezu HOUSE
REFEREE SPYDER

審判の中にスパイがいるような気がするのです。

あの判定、どうみても贔屓です。

そんな気持ちを代弁するサウンドになりました。

MAKUHARI☆ANGEL

HAPPY HARDCHIBA
jun inoue with TOMOYA

『MAKUHARI☆ANGEL』は制作開始当初から、ロッテファンに負けないくらい元気なサウンドにしよう!‥‥と決めていました。

今回起用したボーカルのTOMOYAさんの力強くもキュートな声、そして可愛い笑顔のおかげで、当初のコンセプト通りとても天使な1曲に仕上がったとjunは思っているのですが、いかがでしょうか?

MAX 162

HARDCORE BALL
42

球速が162kmという驚異的なスピードを持った、助っ人外国人ならではのアッパースピードボールな楽曲。

このような特異な球速のクローザーを獲得できる事は想像した事も無かった訳で.........

そんなこんなで試行錯誤して記録したMAX 162。

MENTAL MELTDOWN

HARD GAME
NUMAJA fw. METTAUCHI

青と白のユニフォームでお馴染み、NUMAJAと書いて沼者です。

DJ METTAUCHIとのコラボシリーズ!って事で今回はMETTAUCHIが組んできた配球を元に、ドロ沼の最終回を表現してみました。

個人的には後半の変化球が特に気に入ってるのでもう1回投げたかったんですが、ゲームが終わらないので却下されました。残念!!

MOUND OF FIRE

SUPER RELIEF
MASAHIDE

もはや説明の必要のない最終回の大定番 MOUND OF FIRE~!ネタ的においしさ満載で、サクサクのサクッという感じで打たれます。

この手の炎上が続けば、そもそもクローザーから外すところです。

それをあえて最終回に登板させるところが野球の面白さですね。

NEW PERFORMANCE -もう、ファンしか見えない-

ONLY ONE MAKUHARI BAT
SUPER FANTASISTA 清-KIYOSHI-

野球をこよなく愛する君たちへ。

初めまして、清だ。

みんな、俺の打球音を聴いてくれたかな。

世の中には数多くの野球選手が存在する。

そしてそれを上回るほどのファンがこの世には存在するわけだ。

一人の選手であっても見る者によって様々な感じ方がある。

ある人は応援し、またある人は嫌い、それこそ人の数だけ感じ方があると思う。

だから万人に受け入れられる選手なんてこの世には存在しないと俺は思うんだ。

答えなんて存在しない。

それはファンが決める事だから。

君はどう感じてくれるかな。

たった一つ、君だけに送るこの姿を見てくれ。

オンリーワンの姿を届けたい…さぁ!はじめよう

MIRACLE MAKE

BUCHIAGE VICTORY
Lucky Giants

シーズン後半にあわてて追い上げた割には意外とすぐに首位に立てました。

なんだか楽しい現象を見事に実現しました。

Moe Bell

KEMONO POP
Mascot-Crew

Moe Bell「萌え・ベル」ってなんか響きだけでは、すごくオタクってかんじがするんだけど。

個人的には、女の子座りのポーズがすごく気に入っていて休憩に入るときにチョコンと座るところなんて大好きなんだ。

どことなくモフモフと人間と獣の間からわきあがるような不思議な感じのキャラクター、

マスコットものの「同人誌」な感じでって頼まれた時からこの娘にしたいって決めてたんだ。

ダンスもとてもきれいに流れるように出来ていてすごくフィットして、とてもよかった。

少し元気がないときとか、気軽な気持ちで遊んで欲しい曲です、よろしく。

ORETACHI

FREEBATTING HARDGAME
DJ METTAUCHI fw.NUMAJA

"ORETACHI"とは"ギャグ"なのか?"エンターテイナー"なのか?

それとも"伝統芸能"なのか?

ファンは何が恐ろしいかというと、抑えず・止まらず・終わらないモノが一番恐ろしいのです。

最終回に出される度に否定され、そもそも抑えた者自体が少なく、例え抑えてもギリギリで疲労感だけを残していくORETACHI…

そんな話を聞いているとやはりORETACHIというモノは埼玉の怪異でありファンに恐怖というものを思い出させているのでは?

ジャンルはフリーバッティングハードゲーム、鳴り止まない打球音はOREITACHIという名の真骨頂。

hitmaniaでは、本来ならファンに絶望しか伝えてこないはずのORETACHIを、見て・聴いて・触ることができます。

OVERFENCER

TECHNO
MACK

フェンスを超えていくような大飛球をキャッチする華麗なプレーに、人々は魅了され続ける。

Pinch Hitter

WARP HIT
god-ball

hitmaniaの野球的方向性を象徴するようなこの曲は、重く緊張感のある打席といった感じ。

映像もあわせて、プレイしているとネクストバッターズサークルに立ちたくなりますね~。

Pinch Hitter 3

WARP HIT
god-ball

前作の続きがどうしても作りたくて、バットをとった次第です。

イメージ的には打席にたって様々な球をファールで粘る感じです。

それがどんな状況なのか、みなさんがそれぞれ想像をふくらませて下さい。

2は永久欠番です。

Prince on a Baystar

ALTERNATIVE HAIR
SPIRITUAL LEADER

素晴らしい閃きでチームを迷走へと導いた、かつてプリンスと呼ばれた男。

その眩しい、頭頂部。

Really Debu

R&B
大食漢

往年のプロ野球ファンを納得させるバリバリの太っちょですね。

こういったゆっくりな走塁で、塁間をドスドスと走っていく姿も、太っちょ選手の魅力の一つだと思っています。

Score Board

TECHNO
dj chikaleo

この曲は、とある大事な試合の日に、球場のスコアボードが故障してその怒りとパニック状態を表現した曲である。

突然の故障と消失感。空虚な心に残ったのは、ささやかなウグイス嬢の声だけであった。

Second Heboi

HANDZ DOWN
Kyu☆

この曲は昨年、自分が最も心を動かされたプレイへの憎しみを込めたトラックです。

今年も「今度こそ!」とガンガンにやじを飛ばしていきたいと思います。

Fan's Screeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeam!!

Small clone

NISE FUNK
Little Kiyohara

タイトル見てピンときた人はかなりのお笑い通。というよりものまね通。

全身見分けがほとんどつかないのだけれど、そのうちの身長が本物の90%ということで気づきます。

SOFT SLIDING ON THE BASE

SPEEDY
R.C.SIMON

流れるような走塁のリズムと、洗練されたスライディングに、素早い判断が絡み合って、なんとも快速で、どこか神秘的ですらある選手に仕上がりました。

『スピーディー』というジャンル名にあやかって、ゲーム上でも『スピーディー』な仕掛けを施してみました。

故障ではないので、安心して起用してください。

S.O.S.(THE TIGERS ENTER THE DARK AGE)

DAMENA EXPRESS Hi-speed
MR.WADA

ファンが騒然となった「S.O.S.」のハイスピード暗黒時代突入版だ。

あの、絶望的な時代が、更にパワーアップして登場したぞ。

チームとして要らない部分をみーんな詰め込んだので、覚悟の上臨んでください。

Spin the ball

HOUSE
god-ball

変化球のエッセンスが惜しみなく注ぎ込まれているのがこの「Spin the ball」。

次から次へめまぐるしく変化球を繰り出すプレイを演出している。

そのため、大きな変化がありつつもシーンで区切って1つ1つの球種が細かく切り替えられている(握りを注意深く見ているとよくわかるよ)。

微妙な変化をかけた直球系もメジャー好きにはたまらない、スタッフおすすめの1曲。

SPRING CAMP(ACAMPER DE LA PRIMAVERA)

TRANCE
DJ K-YOSHITAKA

さて、タイトルを直訳すれば「春のキャンプ」。

自主練習が当たり前の時代に怠けて故障なんて…っていう哀しいシチュエーションではなく、春に出かけた南国リゾートのキャンプ地て突如開花する才能。

もしくは、予想通りの安定感をイメージしました。

starman

HAPPY NARDCORE
Kyu*

Kyuです。実のところ、この曲は大洋の時に作った曲で、結構昔の曲なんです。

それで今回新球団のためにリメイクしてみました。どうでしょ?

Happy系なので親しみやすいと思うのですが、なんせBPM1なので・・・遅いですよね・・・僕自身はさっさと食っちゃ寝したいです。てへっ。

STARMAN FIELD

TRANCE
SANADA

余談ですが、タイトルを見て名作ゲームの某敵キャラクターとの死闘を思い出す方がいるようです???

STEAL SECOND

BREAK GAME
Fukumoto

昭和フレーバーが効いててとってもハイスピードでマッハな選手のイメージを受けて、一見普通に見えるけどインチキみたいに速ぇ~ランナーだぞ。

早く撃退しないと、限りある投手の疲労が加速しちゃうよ!

THE SAFATE

WORLD CLASS
Lions Mukashi

みんな応援ありがとう。

入団前は「サファーテ」「サルファテ」「サーフェイト」とか言われていたけど、オレは「サファテ」になったから、ちゃんとそう呼んでくれ。

tigers yamato

YOUNG POP
tigers YAMATO

オウ、ベイビー、オレはこのトラックで、入団を決意した。

でなぁ、関西へ移住するのさ。

理由は簡単だ、お呼びがかかってな、球団の未来を任されたんだ。

プロ野球でビッグになってやるぜぇ~。

Ubiquitous Fantastic Third

ELECTRO BENCH
TAMAKTEL

タイトルは「ユビキタス・ファンタスティック・サード」と読みます(ちょっと長い)。

「ユビキタス」の語源はラテン語で、いたるところに存在する(遍 在)という意味。

いつでも、どこからでもファールフライを追ってベンチに飛び込むことができる素敵な選手。

Utenna

PIANO AMBIENT
Osamu Hamanaka

優勝が近づくと輝く街、道頓堀を去年散歩してた時に浮かんだフレーズが、いま甦りました。

失速する、寒気がするほど打てなくなりました。指導を受けたスイングをベースにしたバッティングなっているが、本質は自己流。

中盤では得意の(?)故障が続くけれど、野球への情熱は誰にも抑えきれない!

V9

LEGEND
TAKADA

球史に残る伝説中の伝説、読売ジャイアンツの栄光をスペシャル・フィーチャーしたトラック。

最近はハラの「G戦上の顔芸」をサンプリングする画像が再びブームになるなど、 球界の盟主の持つ黒い一面やチームの裏の事情のようなものが改めて注目、嫌煙されているのかもしれないですよね。

Why did you go away ~FA'S REASON~

LOVERS STRONGTEAM
money with TRANSFER

球団と選手。お金とやりがい。

球団と選手の視点って違いますよね。

球団は引きずる。

選手はさっぱり忘れる。

どちらにとっても転換期であることには変わりないのだろうけど。

オレはヒットマニア!お前は何マニア

FUNK
DAIDA☆MAN

球界人ファンキーマスター ダイダ☆マンの書き下ろし。

70'sを彷彿させるファンキーなバッティングが、あなたのスイングが止まることを許しません!

自分で言うのも恥ずかしいけど・・・。エベバデー!カマーン!レッツスイング!(これは恥ずかしい・・・)サンシ~ン!!

カーブヲ・ウタ・レタンデス

CARP COOL
山根カズオ

消化試合をフューチャーした叙情的な音楽にしようと思い、いろいろと試行錯誤してできあがったのが、「カーブヲ・ウタ・レタンデス」です。

よく似ているとのことで、団しん也という、すさまじいテクニックとセンスをお持ちのコメディアンをお迎えしました。

彼はハイテンションで熱い痕跡をこの楽曲に残してくださっています。

キャッシュ不足は選手消えるフラグ

KANE-GROOVE
MAJOR

およそ貧乏球団とは縁遠い「キャッシュ」という言葉の響き…

キャッシュキャッシュキャッシュキャッシュキャッシュ…

それを耳にした時の未知なる衝撃は…

この異趣にして新奇なる資金力の作用によって…

これまでよぎったことすら皆無なる移籍へと昇華した…

こっちに打ってよ

HOPE
viviっときたシフト

打球が抜けたなら 泣いてしまうでしょう

声には出せない 秘密のシフトのまま

ホームベースから 外野の先まで

すべての打球に届かなくてもかまわない

見つめてる あの打者のことだけでいい

捕りたい・・・ 気持ちが募るよ

「気付いて! こっちに打ってよ!」

ねぇ、外野上げて前進守備をしいても 変わらない

こころは いつも 平常心のままで

悲しくなるの・・・ 「お願い! こっちに打ってよ!」

ねぇ、あたしに気付いて せめてこっちに打ってよ

たまあそび

CATCHBALL
UGUISUVOICE by S.O.S.PRODUCTION

哀愁に満ち、どこか儚く、それでいて庶民的な物語に彩られた世界観。

選手として、それ以前に一人の男性として、奇しくもそれは初めて父とキャッチボールをした過去の自分を見ているようで。

主人公の心情に心を寄せ、一心不乱に投げ続けた結果、ルーズショルダーになりました。

タマ・モラッテ・ネ・ナゲテ

KANBAN GROOVE
Shiroto Project feat.Sano

ところで、タマ・モラッテ・ネ・ナゲテの意味ってお分かりですか?

・・・そのまんまです、ゴメンネ☆

ちょっとうたれな (ZANNEN-NA MIX)

DRUM'N BALL
A-double Peace

ノーヒットノーラン達成目前で、ちょっとうたれなという想いがよぎって、何度も逃した、その哀愁漂う後ろ姿。

どんなたまも。

BALL-REVIVAL
Mr.LとBrother Murton

今回、ボールリバイバルと聞いて、真っ先に思い浮かんだのがこの曲です。

僕にとってはすべてにおいて尊敬している珍プレーで、もちろん動画は欠かさずチェックしています。

ハリモトカツダヴー

MOU-ROCK
hit-MASTERS

ぐぬぬ、 これまた不愉快なことに仕上がっておりますね。

打ち込みっぽいロックって感じで、アプローチしているのが非常に問題です。

で、サビは思いっきり不安定な進行ですし、キャッチーにって感じをものの見事に外している。

喝だ!

ヨシダちゃん

KNUCKLE
AKIRA NAKAMURA

人と話している時に、女子野球の話題。話のネタが思い浮かばない時、

「あー・・・んー・・・そうそう・・・あの娘・・・なんだっけなー」という事がある時、私は常にナックル姫にする癖があります。

そんな自分に、いつもネタにされてしまった彼女への応援歌です。

ライオンズ嫌い

ボテボテ
AKIRA NAKAMURA

コンセプトは「アレなファンにバカうけ」をめざしました。

視聴者みなさまには、「埼玉」「俺達」「黄金時代」を感じてもらえると助かります。

リリーフ協奏曲第1番"着火"

DESPAIR
oretachi

Oretachi Wakattemoutarenov(2003-)はサイタマ地方の平均的に強い球団に生まれる。

ファンの嘲りと若干の親しみとともに、いつしか総称されるようになったOretachiは禍々しい炎上の達人へと育っていく一方で、 黄金時代の名投手であった監督から投球術を習ったかどうかはともかく、さらに本来の才能が開花していく。

しかも先発陣まで没落。良いところまではいくのに優勝は出来なくなり、ファンは歯痒い気持ちで一杯。

鉄人、肩が壊れる。

NU-NRG
B.S.O.-G

今回のサブタイトルが「baseball」と聞いた際に、他のコンポーザー陣の皆さん的にも今回は具体的なネタを持ちやすいのではないか、 と思い自分はあえてそっち系は外そうと考えていたのですが、制作も後半に差し掛かるにつれ、 「あ~やっぱ一曲ぐらいはやっとけばよかったかなぁ」と、なんとなく考える様になりました。

と言うのも今回のhitmaniaのコンセプトの一つに「かつての名選手が没落するイメージ」というのがあって、 名選手と言えば、それまでの記録を上回るまでは良かったものの衰えが激しいというパターンが良く有りました。

そんな選手の哀しい末路がコンセプトの一つに含まれているタイトルならば、やっぱりそっち系をやっとくべきだったんじゃないかと思っていた所に、 敏腕サウンドディレクターdj chikaleo君からトラック制作の依頼が・・・

結果、痛烈なタイトルになりました。

中村晃の「クイズ!鷹事情!」

ポップス
AKIRA NAKAMURA feat. 藤田咲の声にそっくりなホークスファン

金もない枯れた親会社から 何を見つめ何を求めていたのか

球団身売りの果てには 明日を照らす光があると信じていた

In the softbank, when the money and power are filled

争いを超えてうまれてきた

歴史は遠くあらたに紡がれてく 終わりのない戦力補強

北海道のカッス ~FULLSWING STYLE~

EURO TRANCE
ミチヒロ

不思議なご縁によりミチヒロさんにフルスイングしていただきました。機材が全て壊れました。

横浜番長危機十六被安打

RAGE AGAINST REGENT
D.J.SETPOSITION

タイトルを見ただけで、試合のハードさ、ファンの悲鳴、そして絶望が伝わるような名前を考えました。

「RAGE AGAINST REGENT」というジャンル名から、僕が髪型の方向性に実は反発していたという憶測があると聞きましたが、全くそんなことはありません。


PALODY ROTATION

FIRE

HAPPY

DISAPPOINTED

GOLDEN

TRADERS

ONEMOREEXTRA