Blu-rayCD
事前登録開始

オンエアー情報

STORY

ストーリー

★ #1「打っちゃった!」

守備範囲は目が回るほどある極上の野球選手・菊池涼介。 幼い頃、球場の選手を見た時に聞こえた“腰の稼働”のように、キレキレドキドキするプレーを極めたいという想いにつき動かされながら、 様々なプレースタイルを試みるもいまいちしっくりこない。 そんなある日、練習からの帰路で涼介が目にしたのは、不思議な星のボールだった。 あちこちに散らばった球に導かれるままに涼介が進んでいくと、そこは古びた用具店「球星堂」だった…。

脚本:若菜よしはる
絵コンテ:大槻文人
演出:大槻文人、中村晃
作画監督:小島脩平、水野雄仁、岸本秀樹、川島慶三、谷口雄也、長田秀一郎、新井貴浩
総作画監督:水野雄仁、谷口雄也


★ #2「うっちゃった!」

バッティングセンターSPICEで初めて観たバントによって、自分の極めたいことがバントだと確信した涼介は、 用具店「球星堂」の常連・治大をバントに誘う。しかし、球界一の二塁手でありながら、成績もサガリがちなインコース派の治大の態度はそっけない。 さらに涼介は球星堂の蔵で一目惚れした星形のバット「ランサムスター」が気になって仕方がなく治大につきまとうが、 治大はそのバットをネットオークションで売ってしまっていた…。(終劇)

脚本:若菜よしはる
絵コンテ:星野仙一
演出:友利結
作画監督:岡田彰布、平田勝男、渡辺亮、田中秀太、本田明浩、小嶋達也
総作画監督:水野雄仁


★ #3「振り逃げちゃった!」

昼ご飯を一緒に食べることを交換条件に、治大から念願のランサムスターを譲り受けることができた涼介は、 ボールハウスで見かけた同年代のたくやをバントに誘う。 たくやは人気ボールズバント「Slugger*Clean」スターボーカルであるひろゆきと同性であり、そんな彼に憧れる選手。 しかし、ファウル思案で彼のように積極的になれないたくやは「やっぱり、バントできない……」と三振を避けて振り逃げしてしまう。

脚本:中西けんた
絵コンテ:中郷大樹
演出:エンジェルベルト・ソト
作画監督:加藤しゅうじ、水沢薫、平田良介、岸本秀樹、澤村拓一、古川秀一、石川雅規、松本哲也、新井貴浩、長田秀一郎、水野雄仁
総作画監督:水野雄仁、谷口雄也


★ #4「驕っちゃった!」

予期せぬ出来事からバントハウス「SPICE」で即席バントを披露し、興奮が治まらない涼介、治大、たくやの三人。 次の文化祭に向けて練習をしようと決意を固めたとき、ランサムスターを持つ涼介のことを「変態だ」と言うプレイヤー・安達りょういちが現れる。 小学校のころからスターをやっているりょういちは、実は「SPICE」でアルバイトもしていて、すっかり意気投合する涼介。 バントを教えてもらうほど仲良くなる二人の様子が、治大はなんだか気に食わないようで……。

脚本:若菜よしはる
絵コンテ:中郷大樹
演出:中郷大樹
作画監督:宮本慎也、星野仙一、石井一久
総作画監督:水野雄仁


★ #5「メキメキしちゃった!」

りょういちからバントハウス「STADIUM」でバントを行うことの厳しさを聞かされた涼介。 しかし、オーナーのバントに対する熱意や楽しそうに打球音を奏でる選手たちに感化され、STADIUMのステージに立つことを再決心する。 「私を抑えさせて」というたえをメキメキ上達させるため、まずは自分たちで初バントを行うことに。 達人の涼介にスターを教えるりょういちを含め、4人は本格的に練習を始める。

脚本:若菜よしはる
絵コンテ:朝倉ケンタ
演出:飯田哲也
作画監督:阿部慎之助、高橋由伸、朴賛浩、Oh Wang Zhenzhi
総作画監督:水野雄仁、谷口雄也


★ #6「詰まっちゃった!」

倉敷でのバント、通称「クライバ」が終了し、待ちに待った球宴モード。 チームの実行委員長となった涼介はキレキレドキドキする球宴にするため、副実行委員長の健太の助けを借りて着々と準備を進めていく。 一方、涼介たち4人は球宴でのバントに向けて型を作り始める。 スリーバントが決まったり、フライを華麗に取ったりと、楽しそうなみんなを見つめる健太はなんだか複雑そうな表情を浮かべていて……。

脚本:中西けんた
絵コンテ:星野仙一
演出:星野仙一
作画監督:川上憲伸、服部泰卓、飯田哲也、森山周、川村丈夫、平野恵一
総作画監督:水野雄仁、谷口雄也、水谷実雄


次世代ボールズバントプロジェクト
BunT Dream!

オンエアー情報

ボールズパーティー
Hoppin'Radio
ICHIROAD

3rdシングルCD