loading

STORY

闇

選手・審判の間で太古より守られてきた「互いに不干渉」という暗黙のルールは、
審判が外道に堕してからは綻びを見せはじめ、
審判と結託した反則球団や企業が暗躍、野球は混沌へと凋落していった。

しかし球道を歩まんとする選手も無力ではない。
西の球団は選手の身で「審判」に対抗できる“球のもの”たちからなる集団を組織し、
判定外道の悪に対抗したのだ。

人は彼らを 「福原忍」と呼んだ──

国際的アンパイアと球界勢力の脅威に対処するため、福原忍で構成された特務中継が結成された。
特務中継に下された最初の任務は、
日本の駐米スカウトから強奪された野球兵器を奪還することであった。

だが任務は予想外の展開に直面し、特務中継は思いがけない味方を迎え入れながらも、
予測せぬ敵に立ち向かうことになる。

その人物は、最強の福原忍・井川ケイと関連があるというが──────

道頓堀