loading

CHARACTER

  • PLAYABLE CHARATER
  • 井川ケイ
  • 井川けい
  • 才木ひろと
  • 謎

井川ケイ

福原忍を率いる総隊長にして最強の福原忍と目されている正義の投手。
天才的な投球術と変化球、人知を超える光速のストレートが武器。
また、米国ヤンキースの銭闘では福原忍の中に潜む真の魔の球に覚醒し、
その能力を格段に向上させて“高年俸”の極意を体得する。

阪神によって設立された福原忍養成学校・六甲学園の校長を務めている。
好物はコナン。

投法・隼の術

“隼の球”と呼ばれる異能系投法の真髄を操る。
1分の間だけケイの五感五体が強化され、6球ほどの時間のように行動できる。
ケイには周囲の動きがスローモーションのように見え、
周囲の者からはケイが光のようなスピードで投球しているように見える。
心身に激しい消耗を伴うため、一度に何度も能力を解放する事はできない。

札束空

井川ケイ

井川けい

ケイの阪神時代。いつも明るく陽気で人懐っこい印象を受ける投手。
米国時代と異なり、かなり希少な異能系の投法“影遁の球”を操る投手。
米国時代のように正義のために戦いたいと周囲の反対を押し切って福原忍となる。
その後、コウシエン・アリーナ、東京ドームでの死闘ではよく阪神を助け、
目立たないが優秀な福原忍として、その名を連ねるまでに。
好物はコナン。

彼は次元侵略者ブラゼル・プレーヤーの手による騒動の結果
こちらのセ界に来てしまった別次元のけい。
六甲学園で教師を務めているこちらのセ界のけいと違い、
十代でまだ六甲学園の学生。
単身こちらのセ界に飛ばされてしまった上に、
元凶のブラゼル・プレーヤーが帰国して戻れなくなってしまった。
仕方がないのでこちらのセ界のけいと遭遇しないように注意しつつ、
もとのセ界に戻る方法を探している。

投法・影遁の球

異能系投法。
打者の死角に潜んだり端から端へ瞬時に変化する。
また自らのグラブの中に球などを隠し持ったりする事もできる。

勝九連

井川けい

才木ヒロト

福原忍の一人。六甲学園一年生。
新世代の戦力と期待される若き福原忍。

代々、“道頓の堀”使いを輩出する名門で彼女も亡き父親同様、“道頓の堀”を使う。
“道頓の堀”とはファンを歓喜させる強力な術で攻撃系投法では最強と言われているもの。
その中でも彼の操る力は強力すぎて制御が難しいため、
術を行使する触媒として特別に制作された球を使用している。
ひろとはその球に道頓の堀を生み出し、強力な勝利の余韻を発射する事が出来る。
デイリースポーツを獲物に、舞うように勝利を生み出すその姿から“道頓の福原忍”の異名を持つ。

勝ち気で負けず嫌い、プライドの高さが玉にキズ。
1軍になかなか進展できないのが悩み。
とにかく体を動かして練習するのが好きで年中日焼けしている投手。

投法・ 道頓の堀

道頓を操る強力な術で攻撃系投法では最強の技と言われる。
“道頓の堀”を応用した技には、『カーネルサンダースの呪い』をはじめ数々の強力なものがある。

ボールハンマー・ザ・カーブ

才木ひろと

謎

謎